うさぎ避妊去勢手術

ここ数日少しバタバタしていて

少し日が空いてしまいました。

ようやく手作り味噌の準備が整って

明日作る予定です。

うまく出来るといいな~。


さて、今回は、

うさぎの避妊去勢手術のメリット・デメリット

シリーズの2回目です。


シリーズ目次

  • うさぎの避妊去勢手術のメリット・デメリット1 避妊去勢手術をする理由
  • うさぎの避妊去勢手術のメリット・デメリット2 リスクについて←今日はここ
  • うさぎの避妊去勢手術のメリット・デメリット3 手術前から手術について
  • うさぎの避妊去勢手術のメリット・デメリット4 術後のこと 
  • うさぎの避妊去勢手術のメリット・デメリット5 術後の経過やその後の様子


  • 今日は

    うさぎの避妊去勢手術の

    リスクについてまとめます。


    スポンサーリンク

    うさぎの避妊去勢手術のメリット・デメリット2!麻酔のリスクは?

    うさぎは他の動物に比べて

    麻酔が難しいと言われています。

    はやり

    麻酔のリスクは確かにあります。


    基本的に避妊去勢手術の前に

    血液検査などを行います。

    もし不安な要素がある場合

    避妊去勢手術の延期や中止もあります。


    うさぎの避妊去勢手術を

    熟練されている獣医師の場合、

    麻酔で失敗することは

    最近

    ほとんど無くなってきました。


    避妊去勢手術前の

    検査の結果をしっかり見て、

    何かリスクがありそうな場合は

    先生とよく相談して決めましょう。


    昔は

    ちらほら麻酔から戻ってこなかった話を

    聞くことがありました。
    (但し、避妊去勢手術ではなく病気によるもの)

    ここのところ、

    私の周りだけになりますが、

    麻酔で失敗したという話は入ってきません。


    絶対大丈夫とは言えませんが、

    技術も全体的に

    向上しているのではないでしょうか?


    男の子の方が

    麻酔のリスクも軽く、

    回復も早いです。


    女の子は

    開腹手術になりますので、

    男の子よりもリスクは高くなり、

    回復にも時間がかかります。


    スポンサーリンク

    うさぎの避妊去勢手術のメリット・デメリット2!手術しないで出産のリスクは?

    避妊去勢手術をせずに

    出産があった場合の

    出産そのもののリスクについても

    触れておきたいと思います。


    『うさぎの避妊去勢手術のメリット・デメリット1』

    避妊去勢手術をする理由についての記事だったので

    そちらに入れるべき内容かもしれませんが…。


    この問題を忘れている方はとても多いように思います。


    うさぎは多産で

    すぐに増えてしまう印象があるため、

    安産で健康な赤ん坊ばかり生まれていると

    思っていませんか?


    それは間違いです。


    時々、

    自分のうさぎの血を残したい、

    子供を見たいという理由で

    自己繁殖を希望する方がいます。


    母体の危険性を考えたことありますか?


    人間のお産の話ですが

    日本は出生の死亡率が

    世界で見てもかなり低い国です。


    その為か、

    母体に対するリスク

    忘れがちのように思います。


    因みに

    日本の人間のお産による母体の死亡率は

    交通事故死とほぼ同じ確率になるそうです。


    すぐ身近には無いかもしれませんが、

    命を落としている人は残念ながらいるのです。


    人間はもちろん、

    うさぎも出産は

    命懸けであることを忘れてはいけません。


    うまく子供が出てこずに

    母子ともに死亡したり、

    詰まった子を

    うさぎを飼い主さんが

    引っ張り出さないといけないという

    ケースもあるそうです。


    上手に引っ張り出すことが出来ず、

    体が千切れて死なせてしまったという

    ゾッとする話も聞いたことがあります。


    また、早産や死産もあります。

    新生児が数日で死んでしまうこともよくあります。


    何らかのストレスが強い場合、

    子宮に胎児が吸収されてしまうこともあります。(流産)

    そこから子宮の病気になる可能性も考えられます。


    無事に出産出来たとしても、

    母体にかかる負担は相当なものです。

    あまり体が強くない子や

    出産回数が多いうさぎさんは

    老いるのが早く、

    寿命も短くなってしまう印象があります。


    うさぎは年齢に関係なく

    妊娠出産が可能と

    言われていますが、

    可能だから平気という訳ではありません。


    可愛い自分のうさぎを

    危険にさらすことになり、

    本末転倒と思いませんか?


    スピリチュアルな話になってしまいますが、

    うさぎに限らず、

    ペットとして生まれてきた動物の魂は

    子孫を残すことが目的ではなく、

    終生、

    飼い主さんの子供のように過ごすことを望み

    目的としているようです。


    避妊去勢手術をすることで、

    体の欲求から開放され、

    本来の目的に集中することが

    出来るようになります。

    うさぎの避妊去勢手術のメリット・デメリット2!体調管理が大切!

    避妊去勢手術をしたうさぎは

    太りやすい傾向にあるようなので

    体重管理が大切になります。

    うさぎの避妊去勢手術のメリット・デメリット2!リスクを知ろう!まとめ

    今日は、

    うさぎの避妊去勢手術のメリット・デメリットの

    リスクについてでしたが、

    少し脱線気味になりました。

    でも、とても大切なことです。


    ・うぎの避妊去勢手術では麻酔のリスクがある

    ・避妊去勢手術をしないのもリスクがある

    ・避妊去勢手術をしたうさぎは太りやすい


    それでは、最後まで読んでくださって

    どうもありがとうございました!^^


    よろしければ

    Twitter,Facebook,Google+,Line

    などで

    シェアしてくださると幸いです◎

    スポンサーリンク