こんにちは。
暖冬と言われていましたが、寒さが厳しいですね。
阿蘇では秋にカメムシが例年より多かったようです。
夫曰く、カメムシが多い年の冬は寒くなるそうです。
当たっていますね。

寒い日が続いていますが、おうちのうさちゃんはうっ滞になっていませんか?
今年は二回も続けてうちの子をうっ滞にさせてしまって猛省中のkoyaです。
マータくんはおかげさまでもう大丈夫ですよ。

さて、そんな反省を活かすべく、うさぎとエアコンについてのお話です。

エアコンは冷房メインで考えられる方は多いと思います。
冷房は相当古かったり、故障したりしない限り、さほど問題なく可動すると思います。
問題はメイン暖房をエアコンにする場合。
何回かに分けてエアコンにまつわるお話をしたいと思います。

今日はエアコンを設置する理由についてです。

若いうちは寒さもそれなりに耐えることが出来ますが、年を取るとだんだん寒さに体がついていけなくなります。
斜頚持ちの子も空調を安定させていた方が体調も安定するようです。
人がいる間だけ暖かく、夜中や明け方が冷え込むような、寒暖差が激しいことが一番よくありません。
エアコンはストーブと違い、安全に24時間可動出来るので空調管理に向いていると思います。

ただ、どうしても電気代は高くなります。
夏場のエアコンよりも跳ね上がってしまいますね。
大体、ひと月に諭吉さんが二人ほどかかります。
ただ、うさぎの健康には変えられません。

私が里親を募集していたとき、必ず確認している項目でした。
エアコンの有無はうさぎの寿命にも関わってくる重要な項目です。

そんな風に偉そうに言っておきながら、先日、マータくんも寒さが原因でうっ滞にさせてしまったばかり。
彼も6歳になりそろそろシニアで寒さが堪えるようになってきたようです。
因みにマータくんは寒さが原因でしたが、エアコンの暖房は問題ありません。
ケージの配置が窓際だったことが問題でした。

新しい環境で一年通してみないと分らないことは沢山あります。
油断はいけませんね。

明日はエアコンの暖房に関するポイントと私の失敗談です。

スポンサーリンク