家の横はそば畑です。
そばの収穫は終わっていますが、そばの実が沢山落ちるらしく、それを拾いにサルが時々やってきます。
昼間、なんだか外が賑やかだなーと思ったらサルの軍団でした。
そば畑の隣は森になっています。
家があるのは国立公園の中です。
その中でも規制がゆるい地域です。
鳥獣保護区の森が畑の森と繋がっているんですね。
畑をやっている人はなんだか必死で空砲を打ったりしてサルを追い払おうとしています。
猪も農作物を荒らしにきてしまうので作物を作っている時は電気柵をしてある畑が多いです。
人より先に動物たちの方が暮らしていたのになんだかなぁ、と思いますね。

さて、うちの子の紹介も一段落。
今日は尼崎から阿蘇に引越してきた時の流れをまとめたいと思います。

 

日程

8/2(火) ナディ・マータ・マーイ・キャロはホテルへ
8/3(水) 14:00 搬出(予定)
8/4(木) うさたちを迎えに行き、阿蘇へ移動
8/5(金) 午前 搬入

尼崎の家(こやこや)は元々祖母が住んでいた家です。
認知症が出てきて一人暮らしが出来なくなったので実家へ。
祖母が出て行くとき、空家になるので私が住むことになりました。
尼崎の家は戦前か戦後すぐかの築年数が不明の古い一軒家でした。

健康状態に不安があるうるしはずっとこやこやです。
うさ部屋のエアコンは持っていくことにしていたので、他にエアコンがあり引越しの影響がない部屋は普段使っていない2Fの客間になります。
最後の何日かは客間で過ごして貰いました。
この頃、一度転ぶと自分で起き上がれなくなっていたので、調子が悪く転ぶことが多い時は転ぶリスキを軽減する為にライトキャリーで生活していていました。
そのような日も多かったので、狭くて気の毒ではありましたが、ケージの梱包もあるのでうるしには早々にライトキャリーに移ってもらいました。

8/2(火) ナディ・マータ・マーイ・キャロはホテルへ

元気な子たちは搬出の前日に普段から何かとお世話になっている新大阪の隣駅東淀川にあるミック&ラックさんのラビホにお願いしました。
その日、さっさと帰って準備すればいいものをうさ友さんが来てゆっくりごはんを食べてから帰ったというね。( ̄▽ ̄;)
披露もピークだったのでその日は帰宅後すぐに就寝。
ケージ以外は大体目処がたっていたとはいえ余裕ぶっこいてますね。

8/3(水) 14:00 搬出

頑張って早起きして ケージや備品の水洗いと梱包開始。
15時頃に準備が整い、時間より遅れて16時頃引越し屋さんが着ました。
無事に荷物の搬出は終了。
23時頃、夫が尼崎の家に到着。

8/4(木) うさたちを迎えに行き、阿蘇へ移動
発送出来る荷物は宅急便に出して残りの荷物のまとめ。
思ったよりも荷物が多くなりました。
早めに出発。
夫と一緒にみんなを迎えに行く予定でしたが、荷物があまりに多すぎるため、うるしの負担も考えて夫には新大阪で待ってもらうことにしました。

『私一人で4匹連れてこれるかな~、気合でどうにかせねば…。』
と不安になりつつミックさんに向かったところ、保護っ子の里親さんが私を見送りに来てくださって、うさたちを一緒に新大阪まで運んでくれました。
約束もしていなくて思いつきで来てくださったようですが、本当に有難かったです。
ホームまで見送ってくれました。
もう神様に見えました。

荷物の量から移動に自信が無かったので少し早めにホームへ行きました。
大阪が始発駅の新幹線だったので、早めに乗車出来ると思ったのです。
すぐに乗車する新幹線が来ましたが清掃でなかなか乗車出来ず、蒸しかえる暑さのホームで15~20分くらい待つことになってしまいました。
みんなでうさぎたちを団扇や扇子で仰いでましたが、気休め程度だったかも。
ここは本当に大失敗です。
そんな中、うるしだけずっとパセリやら牧草やらがっついておりました。
案外こういう時、一番強いのがうるし。
年の功でしょうかね?

里親さんのブログでお見送りの日のことを書いてくれています。
門出を見送りに

うるしの年齢が13歳と書いてありますが12歳の誤りですね。
もっと正確に言うとこの時はまだ11歳。( ̄▽ ̄;)
誕生日は9/29なので、もうすぐ12歳ということになります。

なんとか無事に新幹線に乗り込みました。
ホームの暑さでどうなることかと思いましたが、みんなすぐに落ち着きを取り戻しました。
移動のキャリーは組立式カートとバックタイプのキャリーです。
ライトキャリーは体の大きさと日頃のイタズラの度合いで、ナディさん、マータくん、キャロくん。
バックにはうるしとマーイちゃん。
席は一番後ろにして、座席後部のスペースに組立式カートに乗せたキャリーと荷物(私のトランク)を置きました。
マーイちゃんのバックはトランクの上に、うるしは私たちと一緒に席に置く感じです。

新幹線の車中は問題なく、無事に熊本に到着。
熊本は雨でした。
みんなを車に乗せて、阿蘇の自宅まで1時間半ほど。
普段使っているケージが届くのは翌日です。

私が九州へ行ったときに1つ、夫が尼崎に来た時にふたつ、合計3つケージは予め運んでありました。
他に牧草をいくつか持って行ってありました。
ケージは組み立てておいてくれたので、すぐにその中に入ってもらい、ひとまず夜には落ち着くことが出来ました。
うるしは変わらずキャリー。
ひとつケージが足りないので、マーイちゃんは今回の移動で持参したサークルです。
マーイちゃんは普段からわりと静かでトイレも完璧だったので一日だけ我慢してもらいました。

この日、やたら荷物が多かった理由はトイレ3つと給水ボトル4つ、牧草フィーダー4つ、ごはんの器が5つあったからでした。
あと、マーイちゃんのサークルです。
他にも細々した日用品などもあったので…。
長時間の移動になるので、出来るだけいつも通りの環境を整えてあげたかったのです。
運ぶのが大変でしたが、すぐにケージ以外は日常と近い形をとることが出来たからよかったです。
 引越しでうさぎたちの移動が一番心配でした。(特にうるし)。
みんな食欲も落ちることなく、元気で終えることが出来てよかったです。

<移動の時間の内訳>
こやこや~新大阪一次下車~ミックさん3.40分。
新幹線 新大阪~熊本 約3時間半。14:00頃発-17:30頃着(曖昧な記憶)
車 熊本駅~新居 約1時間半。
確か早めに11:00すぎに出て新居についたのは19時前くらいでした。

8/5(金) 午前 搬入

引越し業者の荷物も無事に到着し、クッションフロアのマットを敷いてケージの組立。
それぞれ自室に入って貰いました。
これでうさたちの引越しも無事に終了です。

うさぎたちに負担をできるだけかけずにどのように移動するか、手順をどうするか、色々なパターンを考え、脳内でシュミレーションました。
反省点も多数ありましたが概ねうまくいってよかったです。

さて、明日はうさぎ部屋のリフォームについてお話ししようと思います。

スポンサーリンク