こんにちは。
今年は暖かなお正月ですね。
うちのうさたちはいつもどおり、のんびりまったり過ごしておりますよ。

今日は最近気に入っているうさぎのマンガのご紹介。

井口病院さんは

うさぎは正義
ぽぽたむさまのマフマフには敵わない
うさぎ彼女

こちらの三冊出版されています。

井口病院とは作者さんのペンネームのようです。
単行本が出る前からtwitterで井口病院をフォローしていました。
兎に角、井口病院さんがが描くうさぎは滅茶苦茶可愛い。
うさぎと暮らしているからこそのうさぎに対する愛がそこかしこに溢れています。
うさ飼いならではの萌えポイントを抑えてるなーといつも思います。

ややネタバレありのご紹介です。

 

『うさぎは正義』はギャクマンガ。
オムニバス形式?でオオカミのボスはうさぎ、うさぎと合コン、新入社員はうさぎ
こちらの三本です。
うさぎがもし○○だったら?という妄想が突っ走ってます。
twitterでオオカミを従えるうさぎの絵を見たときはちょっとした衝撃。
でも、可愛い。
可愛いくせに強い。
そう、うさぎって結構強いのですよ。
読んでいるとボスがうちのマータくんに見えてきて仕方ないです。
マータくんはアルビノで、ナディさんにメロメロだけど。
うさぎのボスはもっと硬派な感じです。
うさぎにメロメロな我々にとってうさぎっていうだけで正義なんだよなぁ。
うまいこと考えたなぁ。
と、いつも関心してしまう。

『ぽぽたむさまのマフマフには敵わない』はうさぎは正義のエッセイ編らしいです。
井口病院代理キャラのうさぎ飼いちゃんとうさぎ飼いちゃんちのぽぽたむさまのお話しです。
随所に表れるうさぎ飼いちゃんのうさぎ変態ぶりが面白いです。
でも、気持ちがよく分かるぞ!
私もうさ耳をはむはむしたことがある。
可愛くて食べちゃいたいみたいな?
でも味は分からなかった。
ちなみにうさぎの母乳は少ししょっぱいです。
ナディさんが授乳しいていた頃、授乳が終わってくつろいでいるナディさんの乳首を触ってみたら少し母乳が出たのでそのまま舐めてみた。
私も大概うさぎ変態だわ。

『うさぎ彼女』は飼い主くんに恋するうさぎのももちゃんのお話し
こちらはオールカラーですよ。
おまけでぽぽたむさまの写真も載っています。
うさいって結構ツンデレなので、飼い主くんはももちゃんにこんなに想われて羨ましい限りです。
でも、こんなに大好きなのに修学旅行に出かけた飼い主くんのことを忘れちゃうのよね。
その時の飼い主くんの言葉におばさんはキュンとしてしまいました。
飼い主くんのモモちゃんへの愛を感じます。
うちの子たちをもっと愛さねばいけないな、と、基本はばかばかしいコメディマンガなんですけど反省しました。

井口病院さんのマンガはPIXIVマンガでも無料で読めますよ。
コミックは描き下ろしが沢山なので読み応えあります。

オススメマンガでした。

スポンサーリンク